熊本の住宅「アラセンハウス(Arasen House)

SPEC:スペック

  • ZEH
  • 遮熱
  • 耐震・制震
  • GenKan-NS®
  • 安心と保証
  • 基本構造
  • 住宅性能
  • 基本内外装
  • 基本装備
  • スペック一覧表
  • 点検・保証

耐震等級3

基礎は、建物にかかる力を地面に伝える重要な部位です。上にのる軸組みがしっかりしていても基礎が脆弱な建物は壊れてしまいます。

耐震設計上、床や屋根の強さは壁を強くするのと同様に重要です。たとえば吹き抜けを設けた場合で、床に必要な強さが足りていない時は、地震の際に床が大きく変形する可能性があります。

壁、床、屋根の強さを発揮するためには、これらが取り付く柱、梁の接合部を金物で補強することが大切です。

耐震性を高めるためには、筋かい等の耐力壁の量の確保が最も大切です。耐震等級1と耐震等級3では必要となる耐力壁の量が大きく違います。

梁には、人やたくさんの家具、さらには屋根に降り積もる雪や太陽光パネルなどの荷重がかかるため、必要な強さの梁の大きさが求められます。

※建築基準法:極めてまれに(数百年に1度程度)発生する地震でも倒壊しない程度の耐震性
※店舗併用住宅「WORK VOX」は標準ではありません

制震ダンパー

ゴムで揺れを吸収する「制震ユニット」ミライエ,MIRAIE

MIRAIE

 建造物は地震で負荷がかかるたびにダメージを蓄積します。しかしMIRAIEは地震のたびに最大70%の揺れを吸収・低減するので、家の損傷を抑え、住まいの資産価値を守ります。多くの斜張橋のケーブル振動を「高減衰ゴム」という技術で抑制し、橋の安全を守ってきた、住友ゴム独自の制震テクノロジーの結晶です。繰り返す余震から家を守りつづけ、立地条件やコストに左右されずに導入できる、新しい地震対策です。

 一般のゴムボールと高減衰ゴムボールを地面に落とすと、一般のゴムボールが跳ね上がるのに対し、高減衰ゴムボールはほとんど弾みません。これは、高減衰ゴムボールが運動エネルギーを瞬時に熱エネルギーに変えて、吸収・発散するためです。

 高減衰ゴムは、「伸び縮みしながら繰り返し使用できる」というゴムが持つ最大の特徴を活かしながら、高いエネルギー吸収性能を持続します。

 鉄板と高減衰ゴムの接合に「加硫接着(※1)」を採用。化学反応によって強固な接着を実現します。また、加熱による促進劣化試験では、90年経過しても性能がほとんど変わらず効果を発揮することを確認しています。 ※1熱と圧力をかけて接合部分を化学的に強固に接着する技術。

 地震の揺れを連続して与える実験で、MIRAIE非装着は1回で大破したのに対し、MIRAIE装着の場合、地震の揺れを連続して5回(※1)与えても安全限界変位の範囲内でした。しかもMIRAIEそのものには損傷がなく、繰り返して発生する余震にも効果を発揮することを確認できました。 ※1木造建築物が、倒壊・崩壊しない限界

風雨・海風にさらされても耐え、橋梁やビルといった巨大な建造物に使われているエネルギー吸収材が、住まいを支え続けます。住友ゴム工業が培ってきた制震技術が生きるダンパーは、数多くのハウスビルダーや工務店で採用されています。

 MIRAIEは地震の揺れを吸収・低減するので、住まいの損傷を軽減し、補修費発生リスクを低減することができます。

 「高減衰ゴム」は促進劣化試験により、90年経過してもほとんど性能が変わらないことを確認しています。MIRAIEを一度設置すれば、お子様やお孫様の代まで安心が続きます。

アラセンハウスへのご連絡

アラセンブックの資料請求